「ビッグホームリブート」が スタート

私たちと家との関係性において、2020年はかつてない年です。世界中の人々が巣ごもりするなかで、「家での暮らしを今までとは違うものにしたい」と多くの人が望むようになりました。さまざまな優先順位があらたに生まれ、未来の私たちの暮らしは劇的に変化していくように感じられます。

これはまさに「ビッグホームリブート」 –そしてこれは始まりにすぎません。

ビッグホームリブート


かつてない1年

家との関係性を見直すとき

人々と家との関係性は世界中で変化しており、この状況はまさに「ビッグホームリブート」と呼ぶにふさわしいでしょう。
これは、特定の地域やグループで起こっているのではありません。あらゆるところで、あらゆる人に起こっています。

年齢層や家族の人数、収入、国籍によって感じ方が異なり、よい傾向とは言い切れない部分もありますが、世界中の大多数がパンデミック前よりも家とのつながりが強まったと感じています。現在、多くの人々が、この新たに芽生えた親密感と、そこから得られる幸福感を今後の暮らしでも維持していこうとしています

家との関係性には、どのようなリブートが必要なのでしょうか?クイズでご確認ください。

 

ビッグホームリブート
再生
ライブバーチャルイベント

イケアバーチャルグリーンハウス

「イケアバーチャルグリーンハウス」は、食、健康、サステナビリティ、植物の分野のプロのクリエイターたちが手掛けるワークショップ、ライブトーク、インタラクティブな体験をお届けするシリーズです。よりサステナブルでバランスの取れた家での暮らしを推進することを目的としています。

どのセッションでも実用的なハウツー情報を提供します。その題材は、植物の世話から種の保存方法、日本の苔玉のつくり方、ミニテラリウムのつくり方と多彩です。どれも、誰もが心から楽しめる家での暮らしを実現するヒントになります。

バーチャルグリーンハウスのクリエイターたちが、「家を安らぎの場にする」をテーマに独自のコンテンツを手づくりし、その様子をもっともプライベートな空間である自宅や工房で撮影します。

 

専門家の見解
再生
家での暮らしを理解する

イケアLife at Home Report

家が世界で一番大切な場所。イケアはそう考えています。だから、イケアは7年間にわたって世界中の人々の家での暮らしを調査してきました。そして、2020年はかつてない1年になっています。

家を安全な場所と呼べるが重要です。そうでなければ、私たちは健やかに暮らしていくことができません。世界中のあらゆる人が、新型コロナウイルス感染症のパンデミックによる混乱の影響を同時に受けています。この状況は、家にこれまでにないような課題をもたらしているだけでなく、家との関係性を急速に変化させています。  

今年のレポートでは、驚くべき結果を伝えるとともに、世界規模のパンデミックが現在の暮らしに与えている影響を明らかにし、未来の行方に目を向けています。