ホームリブートのヒント

あなたとご自宅の関係性を リブート(再起動)しましょう

どんな関係性においても、強いつながりを築くための努力が必要です。現時点でご自宅を身近に感じられていたとしても、関係性をさらに深めらるために試せるポイントをいくつかご紹介します。

ホームリブートのヒント

すばらしい!

02

習慣にする

家族と過ごす時間が増え、それを満喫した人の44%が、パンデミック後もこの状態を続けたいと考えていることをご存じでしたか?あなたも同じ考えなのでは?それなら、自分にあったルーティンかどうかを吟味する絶好のチャンスかもしれません。そのルーティンが習慣になれば、もっと暮らしやすくなります。今後も続けたいことは何か、またどのように続けるのかを考えてみてください。

03

植物の世話をする

5人に1人がコロナ禍の外出制限中にガーデニングを楽しみ、35%が今後の家における優先事項としてプライベートガーデンや屋外スペースを挙げています。植物栽培のアイデアをお探しならイケアのバーチャルグリーンハウスを見てみてください。 ご自宅に安らぎの場をつくるためのアドバイスをお届けしています。(このコンテンツは英語のみのご提供になります)

リフレッシュしましょう

01

スペースを活用する

柔軟性が、スペースをもっと活用する鍵かもしれません。リビングルームをくつろぐ場所としてのみ使っていませんか?エクササイズや仕事にも使えますか?テーブルの上は多目的に使えることを忘れずに。たとえば、片側では絵を描いたり工作をし、反対側でテレワークをすることができます。

02

家族とのふれあいを忘れずに

半数以上の人が、コロナ禍の外出制限中に家族と一緒の時間を満喫しました。しかし、パンデミック後は時間をつくるのが難しくなるかもしれません。その場合に有効なのが、日々のルーティンの効率化です。自分の1日をじっくり振り返り、欠けているものを補い、家族や友人とふれあうための現実的な目標を定めてください。サポートが必要? イケアのデイリープランナー( 英語版のみ)を試してみてください。

03

自然に触れるためのプライベートスペースをつくる

5人に1人が、コロナ禍の外出制限中、家に自然を取り入れて満喫しました。庭がなくても、テラスや窓辺のプランター、ちょっとした植木鉢で十分です。愛しい植物の世話を続けることを忘れずに。実際、水やりなどの世話を毎日の習慣にすると、それ自体に喜びを感じられるようになります。

考え直してみましょう

01

コントロールする

コロナ禍の外出制限中に家とのつながりが薄れたと感じたのはスペース不足に起因するようです。自分の持ち物を減らすことや、スペースを効率よく使える家具を取り入れることを検討してみては。狭いアパートやワンルームタイプの部屋であっても、スペースをつくり出せるはずです。もしくは、必要なスペースを別の場所で探すチャンスなのかもしれません。

02

大切なことのための時間をつくる

コロナ禍の外出制限中、ひとり暮らしの人の多くは家とのつながりが薄れたと感じたようです。その解決策として考えられるのが、家族や友人との時間、または自分だけの時間を増やし、それを週のルーティンに組み込むことです。たとえば、定期的にバーチャルでつながってみるのはいかがですか?同居人がいる場合は、これまでとは異なる充実した時間の過ごし方を探ってみるのも一案です。料理、エクササイズ、音楽鑑賞などはいかがですか?

03

屋外のものを室内に取り入れる

自然に触れるためのスペースをつくるのは難しいかもしれませんが、やってみると、大きな変化がもたらされます。十分なスペースがない場合は、植物を天井からつるしたり、バスルームを温室としても使ってみたりしてはいかがでしょうか?近所で自然に触れられる場所を探してみるのも一案です。たとえば、公園、コミュニティガーデン、共同菜園などはありませんか?地元の保養地やキャンプ場などもおすすめです。