For the best user experience please use IE11 or above, or a modern browser.
< 最初のページに戻る

ジャーナリスト

Carl Anka

ロンドン、英国

「変化の激しい現代社会では、所有とか永久といった概念が薄れ、家は自分の人格そのものに」

Carlはフリーランスのジャーナリスト兼ライター兼プロモーター。 男らしさや男性のメンタルヘルスに関する記事を執筆しています。

Carlは、変化するライフスタイルや家の環境が心の健康に与える影響と、家に対する所有欲の変化と若い世代の考え方の対比をベースにした考え方を披露しています。

壁という枠を超えた「わが家」についてのCarlからのアドバイス:

  • 家のリビングルームではなく外にくつろげる場所を見つける:スポーツチーム、聖歌隊、バー、コーヒーショップなど。趣味や気の合う悪友、休みの日に熱中することを見つける。
  • たくさんの本を読む:実際に旅にでかけ、耳に入るすべての音、目にする景色、喧騒を地球的視野で理解する。その中から自分がコントロールし、影響を及ぼし、楽しめるものが何かを見つめてみる。
  • よいものはどんどん手にしてよいと理解する:ずっと所有するのはなく、売ったり、レンタルする方法で手にしたとしても、人は十分満足に暮らせる。
  • 自分のためになるものを始める:植物、料理本、外国語など、自分を磨くために、目に見えて効果が出ることから始めてみる。
  • ベッドルームを居心地のよい場所に: 休息は大切。よい照明、よいベッドリネン、よいキャンドルで上質な眠りを目指す。